ミルトアルゴスビルベリー

約2倍の吸収力

通常のビルベリーエキスとの吸収力の違い
(in vitro 人口胃液消化後小腸細胞通過量の測定)

ミルトアルゴスビルベリーの吸収率は、標準ビルベリーエキスと対比して
「196% 」の吸収率が得られました。
a
a

ミルトアルゴスビルベリーのバイオアベリティ

「通常ビルベリーエキス」と「ミルトアルゴスビルベリー」の臨床試験によりアントシアニン配糖体として、
「ミルトアルゴスビルベリー」バイオアベリティが約190%増加
a
※バイオアベリティとは
服用した薬物が全身循環に到達する割合をあらわす定数です。薬物が静脈内に投与される場合、そのバイオアベイラビリティは100%となります。
経口摂取などにより投与される場合は、全身循環に到達するまでに不十分な吸収と初回通過効果を受けるため、そのバイオアベイラビリティは減少する事になります。

ミルトアルゴスビルベリーの機能

アントシアニンの利用能力の高いミルトアルゴスビルベリーの補給

① 眼精疲労の改善
VDT作業負荷をかけた12眼球、プラセボ対照交差試験によって、摂取群の涙液の抗酸化パラメーターを対比。ミルトアルゴスビルベリー摂取群において8-OHdG、及びPRLの測定値は、いずれもプラセボ投与群から採取された涙液に対して酸化が有意に抑制されました。

② 緑内障の緩和
眼圧異常の緑内障罹患(n=6 (age 32 – 81))に飲用にしてもらうと、有意に眼圧低下効果が認められました。尚、用量依存的であること、局所血流増加が投与群において確認され、ミルトアルゴス経口投与が血流増加を経由して、眼圧を低下させることが示唆されました。

③ 瞳孔調整能力の改善
ミルトアルゴスビルベリーを飲用した30分後に、毛様体疲労について三桿法(深視力テスト)にて検証を行った結果、投与者中 38人中 31人が明白な改善を示しました。これによって、毛様体の疲労改善され焦点を絞り込む能力が改善します。