ルテインとゼアキサンチン

黄斑部のルテインとゼアキサンチンについて

ルテインとゼアキサンチンの機能性とは?

ルテインは抗酸化物質として眼の老化を引き起こす「活性酸素」を押さえたり、有害な光を吸収し、眼を守る働きをしています。

ルテイン、ゼアキサンチンは目の黄斑部や水晶体に多く存在し、不足すると、黄斑変性や白内障など目の老化が起こりやすくなると言われています。

a

ルテインとゼアキサンチンは、摂取開始してから約2週間でルテイン血中濃度の上昇が開始し、機能性を発現。

3か月から12か月の反復投与を経た結果、黄斑色素密度の上昇が確認されており、黄斑色素密度の高い群において、黄斑変性用の発症リスクは劇的に低下されました。